ハッピーメールのプロフ画像は顔写真にする

ハッピーメールのプロフィール

ハッピーメールで最も重要なのはプロフ画像です。

自分がどんな人間なのかを知らせるとともに、どんな女の子と会いたいのかを文章で伝えることで女の子から届くメッセージも大きく変わってきます。

顔写真は最も重要なのでプロフ画像は必ず設定しましょう。

女の子の立場を知り、女の子が近づきやすい印象を持たれるように書くと大丈夫です。

不安な女の子を包み込む優しさがメッセージから表現されていればパーフェクトです。

プロフ画像は写真にすることで、とてつもなく信頼度があがりますし、「顔あり」で検索する女性も多いです。

条件ありの割り切りの場合は不要ですけどね。

写真はメインデッシュ!ここでアナタのイメージがガツンと伝わりますので画像無しは避けましょう。

ハッピーメールの画像無し

顔を出すのが抵抗ある場合は、横顔やマスクだけでも十分です。さらに無理な場合でも、自分の車やバイク、趣味の写真を載せて少しでもイメージが伝わるようにしましょう。アダルト画像はNGです。

5枚まで写真は登録できますので、2,3枚は載せたいです。

現在、プロフ画像を新規で登録された全ての方を対象に20Pをプレゼント中です。

ハッピーメールの画像初回登録

ハッピーメールのプロフ画像の設定

顔に自信がない人は、ハッピーメールに自分の容姿をストレートに書いてはいけません。

例えば「顔は中の下、ぽっちゃり系です」とか。

真面目に書いてしまうとチャンスを逃します。

しかしながら、容姿を書かないと女の子の立場からしても情報が少なすぎて相手にされません。

「芸能人の〇〇に似ていて愛敬があると言われます」とか、分かりやすい表現で書くようにしましょう。

正直、多少の嘘なら問題はないです。

アバターや似顔絵(ハッピーフェイス)って手もあるけど信用度で写真には勝てませんが説明します。

プロフ画像の代わりは効果なし

ハッピーメールのアバターは顔や髪のパーツや服、めがね、ベルトなどのアクセサリや背景などを無料またはポイントで購入します。

ハッピーメールのアバター

コテコテにして自分の趣味嗜好が分かるようにするのが流行りましたが今は廃っています。

やはり、イメージよりも実物の写真が流行っています。

写真から似顔絵を作成するハッピーフェイスもサービス終了となりました。

ハッピーメールの似顔絵は、ハッピーフェイスに応募し顔写真をメールで送信すると似顔絵が無料で貰えます。

ハッピーメールの似顔絵

「ノーマル」「キラキラ」「ゆるふわ」「劇画」「漫画」の5種類から選択でき、ノーマルジャンルは初回のみ無料で作成できます。

ノーマル以外は有料で70ポイント(700円分)消費します。

手作業ですので数日間~10日ほどかかります。

ハッピーメールの攻略

画像を似顔絵にするハッピーフェイスはサービス終了

先ほども伝えましたが、ハッピーメールの似顔絵サービスは終了しました。

メモ

ハッピーフェイス
申込サービスは終了致しました。

2019年7月に似顔絵申込された会員様に関しては、【完成似顔絵ダウンロード期間】2019年9月30日いっぱいまで

※作成された似顔絵は、しばらくの期間はサイト内でご利用いただけますのでご安心ください
上記期日を過ぎますと、申込完成ダウンロードがご利用いただけませんので、何卒ご注意ください。

ハッピーメールの似顔絵サービス

ハッピーメールのプロフ画像以外のステータス

ハッピーメールのステータス

ハッピーメールに顔写真を掲載したら、あとはステータスの設定になります。

年齢や身長は少し高くてもバレません。

身バレを防ぐ意味でも正確に入力している人は少ないですし、後から何とでも誤魔化せます。

ただし、交際ステータスはトラブルを防ぐために素直に入力しましょう。

既婚者でも遊べますし本気にならない既婚者と気軽に会いたい女性もいます。

タバコや車も気にする女性は多いです。嘘をついても仕方ないですし真面目に書きましょう。

デートの費用は影響力抜群です。ぜひとも男がすべて払う、せめて多めに払うを選択しましょう。

自己紹介はフリー入力ですので、キャラクターや目的を存分に伝えましょう。

無理して真面目になる必要はありませんので目的に合わせて、セフレ、割り切り、アダルトなど何でもオッケーです。

ただし、公に見られる場で売春や援助交際といったワードは売春防止法でアウトです。
個別のメッセージでしましょう。

プロフィールの自己紹介はポジティブに書く

ハッピーメールの男性のプロフィールを見るとネガティブな表現をして低姿勢アピールをしている方がいますが逆効果です。

女の子は、いくら低姿勢な感じだと思っても否定的でネガティブな人に会いたいとは思いません。

例えば、「〜は苦手です」「〜は嫌いです」「〜は自信がないです」など。

積極的に書いていきましょう。

正しい例
ドライブが趣味で、奇麗な夜景スポットをたくさん知っています。

乱暴な表現や今風な言葉を使わないようにしましょう。

チャラい感じのプロフィールを書いている人がいますが、それはNGです。

やはり、怖い人や常識のない人と思われてしまうので女の子も拒否します。

ハッピーメールで会うのは女の子も不安があります。それなのに信頼度を下げるチャラい言葉や乱暴な言葉を使うと避けられてしまいます。

基本は優しさをもって接し、高圧的な印象をもたれないようにするのが重要です。

ハッピーメールのプロフィールの自己紹介の書き方

© 2022 ハッピーメールの攻略方法